くさのねフェス第三弾発表ストーリー その3

2018年 6月 8日 | | BLOG “店長な日々” | くさのねフェス第三弾発表ストーリー その3 はコメントを受け付けていません。

今日は月がさについて。

昨年のくさのねフェスは9/3(Sun)、そして月がさのツアーファイナルの日程が9/2(Sat)でした。

極端な事を言えば、昨年の開催は、彼らに合わせたと言っても過言ではない状況でした。

その理由は、

打ち上げやるから、絶対に空けている日程だから笑

そんな彼らは現在休止中です。

コメントにもあった様に、今年は参加出来ないと思っていた様です。

正直に言えば、先にSound Stream sakuraに戻ってくるスケジュールを踏まえて、9/2を迎えたかったところです。

エゴ丸出しで言えばそうなんですが、これには訳があります。

4年前、佐倉城址公園でやった野外ライブは、設営など手探りな僕らを観て、献身的に手伝ってくれた地元バンドでした。

そして、その時にトリをやってもらいました。

その時の写真。

イベントをやること、に必死で今の様に準備を十分に出来ませんでした。

何をするにしても、いつも地元を大事に考えていてくれたバンドだからこそ、自分なりに関わってきました。

そんな彼らが、昨年のくさのねフェスでこんな景色を見せてくれました。

見た人は、

光くんって、バンドかっこいいんだね!知らなかった!

とか、

遠い夏、は素晴らしかった

とか、 

今まで見せて来れなかった人たちから出てくるコメント一つ一つが届いてきて、少しだけだけど

返せた、様な気持ちになりました。

先に発表したコメントは、代弁されている様な気にさえなりました。

そして、公式ツイッターを手伝ってくれている、平田さんはそのコメントを見て、涙が出てきたとメッセージをくれました。

昨年から、彼らの存在に一人一人が気付き始めて、皆を代弁するバンドになりつつある事も同時に感じています。

正真正銘の佐倉バンドとして、佐倉に帰還の挨拶を胸を張ってしてほしいと思う。

 

 

Comments are closed.