今更に感じたこと

2019年 2月 19日 | | BLOG “店長な日々” | No Comments

今日、ソールドアウトしていた歌声喫茶るっく追加公演に言ってきました。

行ける!ってわかった時にはソールドアウトしていたので、千葉ルックサイトウさん主宰とのことだったので、急遽お願いして伺ってきました。

イベントはものすごく暖く、正直驚くぐらいのホーム感でした。。まじで。

そんなライブでは、久しぶりに、ねごとの幸子ちゃんとも会って話ができました。嬉しかった。

そんな中、一番グッときたのが、村松拓のMC。対バンのこと。

演者みんな、どんな形であれしのぎをステージで削りあって対バン形式のライブイベントは成り立っているわけで、ある意味でのケンカ。

でも、伝わってきたのは、その上でそれぞれが讃えあって、共演している今日の公演だったこと。正直、東北から東京にやってきた3組と千葉のあの3組がセッションするなんて、度肝を抜かれました。

演奏や歌が良いのは当然として、あの一体感は素晴らしかった。the俺たち(ジオレタチ)というバンドとして名乗っていました笑。

ただただ暖かいんじゃない、やってきた全部を壊して作り上げてを繰り返してきて、対バンが成立しているってことが素晴らしかった。そんな風に感じました。

なんか忘れていたような気持ちを思い出させてもらいました。

昔、このころとほど変わらない時に、ABSTRACT MASHと出会い、バンドの何もかもを全く知らない、形にもなっていない店を、気持ちだけでやっていた頃、偉そうにも、対バンについて語っている当時の自分がいました。

照れくさいですし、自分の道程を見て欲しい訳ではないのだけど、あの時、なんにも知らない自分は、あの時感じていた何かを語っていました。

そして、自分が関係したイベントで初めての野外の映像が入ってました笑、ほぼ忘れていました。

コメントをどうぞ